Menu

アンリ・ド・トゥールズ・ロートレック

トゥールズ・ロートレック&マルロメ

1833年にこの地に住み着いたアデル・ド・トゥールズ・ロートレックはアルフォンスとの放浪生活で得ることができなかった心のすがすがしさと落ち着きをこの場所に見いだしました。

アンリは、19歳の時にはすでにパリで生活を始めており、レオン・ボナやフェルナン・コルモンを師としてアトリエで学んでいました。

ただ、夏にはマルロメに戻り、ワインブドウの収穫期までマルロメに居て、その作業風景をデッサンに描いたりしていました。彼はアジサイに囲まれた母親を描きます。夏の間はマルロメの家が彼のアトリエとなります。今でもその跡が家の壁に残っています。そこで母親の暖かな愛情やマルロメから近いシャトー・ドゥ・レスピドの従兄弟たちに囲まれて過ごしました。

マルロメは彼の避難場所であり、1901年9月9日、この地で37歳の生涯を終えました。

アンリ・ド・トゥールズ・ロートレック

トゥールズ・ロートレック&マルロメ

1833年にこの地に住み着いたアデル・ド・トゥールズ・ロートレックはアルフォンスとの放浪生活で得ることができなかった心のすがすがしさと落ち着きをこの場所に見いだしました。

アンリは、19歳の時にはすでにパリで生活を始めており、レオン・ボナやフェルナン・コルモンを師としてアトリエで学んでいました。

ただ、夏にはマルロメに戻り、ワインブドウの収穫期までマルロメに居て、その作業風景をデッサンに描いたりしていました。彼はアジサイに囲まれた母親を描きます。夏の間はマルロメの家が彼のアトリエとなります。今でもその跡が家の壁に残っています。そこで母親の暖かな愛情やマルロメから近いシャトー・ドゥ・レスピドの従兄弟たちに囲まれて過ごしました。

マルロメは彼の避難場所であり、1901年9月9日、この地で37歳の生涯を終えました。

アンリ・ド・トゥールズ・ロートレック

特異な芸術アプローチ

マルロメは、アンリ・ド・トゥールズ・ロートレックの作品にインスピレーションを与え、そして彼の心を語る場所です。身体機能の制限や苦痛や恋愛における悲しみなど、身体的なハンディキャップを持った彼は、絵を描くという行為の解放感でそれらの問題を昇華させようと努めました。

アンリ・ド・トゥールズ・ロートレックは、19世紀末の社会に対して深い人間的な眼差しを向けます。彼は時代を見つめ続け、人生という喜劇の中のあらゆるグロテスクで悲劇的なものを超越します。

彼は、彼自身が運命という理不尽な審判の犠牲者であったため、人を裁こうとはしません。彼のデッサンや絵画は生きることの難しさをそのまま描いています。彼は社会という仮面の背後に隠された存在の真実を見ています。

彼は、彼の容姿により余儀なくされた距離を保ちながら、人びとの生き様を遠くから見ています。研ぎ澄まされた感受性を持つ彼は、彼のように疎外された人たちを完全に理解することができました。

経済的な苦労がなく、自由な精神を持つ彼は、アカデミックな絵画という既成概念から絵画という言葉を解き放ち、絵画の世界に自由な息吹を与え、それを今日への遺産として残しました。世紀末の騒然とした雰囲気の中で時代の先頭に立ち、絵画芸術の革新に貢献しました。

アンリ・ド・トゥールズ・ロートレックの住居見学のガイドと彼の作品の保管作業はエコール・ド・ルーブル出身のコレット・パリ婦人にお願いしています。

アンリ・ドゥ・トゥールズ・ロートレックの住居のガイド付き見学

 

マルロメは、アンリ・ド・トゥールズ・ロートレックの作品にインスピレーションを与え、そして彼の心を語る場所です。身体機能の制限や苦痛や恋愛における悲しみなど、身体的なハンディキャップを持った彼は、絵を描くという行為の解放感でそれらの問題を昇華させようと努めました。

アンリ・ド・トゥールズ・ロートレックは、19世紀末の社会に対して深い人間的な眼差しを向けます。彼は時代を見つめ続け、人生という喜劇の中のあらゆるグロテスクで悲劇的なものを超越します。

彼は、彼自身が運命という理不尽な審判の犠牲者であったため、人を裁こうとはしません。彼のデッサンや絵画は生きることの難しさをそのまま描いています。彼は社会という仮面の背後に隠された存在の真実を見ています。

彼は、彼の容姿により余儀なくされた距離を保ちながら、人びとの生き様を遠くから見ています。研ぎ澄まされた感受性を持つ彼は、彼のように疎外された人たちを完全に理解することができました。

経済的な苦労がなく、自由な精神を持つ彼は、アカデミックな絵画という既成概念から絵画という言葉を解き放ち、絵画の世界に自由な息吹を与え、それを今日への遺産として残しました。世紀末の騒然とした雰囲気の中で時代の先頭に立ち、絵画芸術の革新に貢献しました。

アンリ・ド・トゥールズ・ロートレックの住居見学のガイドと彼の作品の保管作業はエコール・ド・ルーブル出身のコレット・パリ婦人にお願いしています。

アンリ・ドゥ・トゥールズ・ロートレックの住居のガイド付き見学

 

現代芸術

アートプログラムと開放的精神

東翼の広いフロアの全体が現代芸術のために使われています。その広い壁が適切な保存条件で作品を展示するための最適な空間を提供してくれます。

中央の空間により分けられた南側のギャラリーは、ロートレックの私的な空間となっており、トゥールズ・ロートレックの作品(レンタルまたは取得)が展示されています。

この場所の歴史と一貫性を持たせることに配慮し、シャトー・マルロメのプログラムを決めました。よって、以下の3原則に従い、プログラムは策定されています。

まずはじめに、アンリ・ドゥ・トゥールズ・ロートレックが扱ったテーマと共通するテーマを持つ作品のアーティストを選ぶ。

アジア出身アーチストを選ぶ。アンリ・ド・トゥールズ・ロートレックは日本の浮世絵を心から愛していました。彼の単純化に対する嗜好と大胆な構図は浮世絵から学んだものです。シャトー・マルロメのオーナーファミリーがフランスとアジアの血を引いているということも、このアジア贔屓になんらか影響を及ぼしているかもあるかもしれません。

最後に。シャトーの歴史と地方の文化的遺産も重要な研究と探求の一要素です。例としては、ブドウ栽培、近隣にあるヴェルドレ巡礼、16世紀にドメーヌを作ったロステギー・ドゥ・ランクル家の歴史などです。

東翼の広いフロアの全体が現代芸術のために使われています。その広い壁が適切な保存条件で作品を展示するための最適な空間を提供してくれます。

中央の空間により分けられた南側のギャラリーは、ロートレックの私的な空間となっており、トゥールズ・ロートレックの作品(レンタルまたは取得)が展示されています。

この場所の歴史と一貫性を持たせることに配慮し、シャトー・マルロメのプログラムを決めました。よって、以下の3原則に従い、プログラムは策定されています。

まずはじめに、アンリ・ドゥ・トゥールズ・ロートレックが扱ったテーマと共通するテーマを持つ作品のアーティストを選ぶ。

アジア出身アーチストを選ぶ。アンリ・ド・トゥールズ・ロートレックは日本の浮世絵を心から愛していました。彼の単純化に対する嗜好と大胆な構図は浮世絵から学んだものです。シャトー・マルロメのオーナーファミリーがフランスとアジアの血を引いているということも、このアジア贔屓になんらか影響を及ぼしているかもあるかもしれません。

最後に。シャトーの歴史と地方の文化的遺産も重要な研究と探求の一要素です。例としては、ブドウ栽培、近隣にあるヴェルドレ巡礼、16世紀にドメーヌを作ったロステギー・ドゥ・ランクル家の歴史などです。

展示会

NICOLAS DELAS - Costumes