Menu

時の流れの中のマルロメ

過去5世紀の間、マルロメはジロンドの歴史とともに歩んできました。そのブドウのテロワールの歴史は14世紀まで遡ります

16世紀に、当時、サン・マケールとローザンの領主であり、ボルドー議会議員をしていたエチエンヌ・ド・ロステギュイ・ド・ランクルが« Maison noble de Taste »を建てました。最も古いこのドメーヌの名残りはこの時代のものです。彼の兄のピエール・ドゥ・ランクルはラブールのバスク地方で魔女狩りを行ったことでよく知られています。

その後、200年間にわたりドメーヌのオーナーはランクル家でした。シャトーは1780年にマルロメ男爵の未亡人のキャトリン・ド・フォカードに譲渡されました。彼女の人柄がこの地に強い印象を与え、このドメーヌの名前となりました。

その後、1847年にシャトーはナポレオン三世帝政時代、国務院議長であったジャン・ド・フォカード、そしてパリ軍事総督であり、戦争大臣であった彼の異父兄のサン・アルノー元帥に譲渡されます。彼らは城の修復を建築家のビオレ・ル・デュックに依頼します。

1883年、伯爵夫人であったアデル・ド・トゥールズ・ロートレックがドメーヌを買い取ります。アンリの母の彼女は19世紀末当時に重要なマリア巡礼の地であり、彼女の従姉妹のパスカル夫人が住んでいたシャトー・ド・レスピドのあったヴェルドレという場所に心惹かれていました。

その後、シャトーに魅了されたヒュイン家が2013年に城を購入します。芸術と国の文化的遺産に情熱を注ぐヒュイン家の人たちは、マルロメをアンリ・ド・トゥールズ・ロートレックの作品と現代芸術を紹介する場所とすることにしました。

見学客を迎えるためにドメーヌは全面的に修復されました。文化遺産の保存、伝統の継承、そして歴史の考察という方針に則り、工事は行われました。

シャトー

ジロンド南部、アントル・ドゥー・メール地方に位置するドメーヌは、その名前の通り、ドルドーニュとガロンヌという二つの川に挟まれています。サン・アンドレ・デュ・ボア・コミューンに位置するマルロメには、畑、森、ブドウ畑が広がり、いくつかの有名なグラン・シャトーがあります。

14世紀に作られた50ヘクタールの豊かな自然に囲まれたブドウ畑の中心に位置するシャトーは、その中央に矩形の大きな塔、両端に二つの丸い塔、そして広大な中庭を取り囲んでいる3つの翼棟により構成されています。

当時の建材を使い、建築法に従い、修復工事が行われ、トゥールズ・ロートレック家の住居が復元されました。東翼の2階には現代芸術の作品が展示されており、その1階は受付になっています。夏になると中庭ではサマーイベントが行われ、また « Le Café Adèle »(カフェ・アデル)で試飲と食事を楽しむことができます。

アンリ・ド・トゥールズ・ロートレックの心

夏をマルロメで過ごすアンリ・ド・トゥールズ・ロートレックは、そこでお気に入りのモデルを見つけます。それは彼の母親であり、叔母でした。彼はピアノの前に座る叔母や明るいサロンで読書をアデルをモデルにして絵を描きました。

私たちは、彼の住居を再現するという作業を通して19世紀末の第二帝政時代における貴族の世界に浸ることができました。

2階の各部屋には、模写や家族の写真、そしてアンリがボナールの絵により見い出した手法のリトグラフによる作品が飾ってあります。パステル、カンパスに描かれた油絵、そしてリトグラフと、彼のレパートリーの広さがわかります。この見学の最後に訪れる部屋はポスターの部屋です。彼はデビュー作のムーラン・ルージュで成功を勝ち取ります。

その何枚も刷られたポスターは日本の浮世絵を思わせます。それらの作品は路上に貼られ、多くの人から愛された作品でした。彼は、こうした印象的で直観的なイメージを描き、現在の広告手法の端緒を作ります。

彼はポスター芸術という革命を起こし、大衆にポスターの素晴らしさを教え、ポスターを芸術の領域まで高めました。これらの368枚のリトグラフの作品の中でもっとも有名な数枚の作品がこのギャラリーに展示されています。

ワインプロジェクト

シャトーマルロメは、現在でも生産活動を続けている最も歴史の古いドメーヌですが、他には例のないテロワールに広がっています。このワインプロジェクトは、著名なワインブドウの栽培家であるシャルル・エスタジェー氏の手に委ねられましたが、彼の上質なブドウを作るノウハウは多くの人によく知られています。かれはブドウ醸造技術者のブルーノ・ラコステ氏とともにプロジェクトを実施します。

ブドウの熟成時期は品種ごとに異なり、その栽培には細心の注意が必要であり、また適切な時期に収穫することが重要です。まずはじめに白ワインの品種(ソービニョン・ブラン、次いでセミヨン)で、次いで赤ワインの品種(メルロ、カベルネ・フラン、マルベック、最後にカベルネ・ソービニョン)という順番になります。

イベント

Le Château Malromé est la conjonction exceptionnelle d’un terroir, d’un site et d’une famille attachée aux valeurs de la création et de la transmission.
La famille Huynh, investie dans la conservation d’un patrimoine et respectueuse de nos racines, veut rendre hommage à l’art, à notre mémoire, à la culture française.

C’est une œuvre de mécène récompensée par le label Maison des Illustres qui nous guide vers le futur.
C’est l’esprit d’Henri de Toulouse-Lautrec qui inspire le Château.
C’est un lieu vivant, de célébration de la vie et de l’œuvre du peintre. C’est un lieu de révélation du beau, du vrai, des merveilles passées et de nos découvertes.

Nos émotions y sont offertes en partage avec le plus grand nombre, comme nourritures indispensables à nos imaginaires.
Malromé est un espace vivant pour l’art, qui garde la mémoire d’un peintre qui a rmait sa personnalité par des instantanés impitoyables sur les mœurs de son époque.

La filiation d’Henri de Toulouse-Lautrec est infinie. Il a libéré la création de tous les codes académiques. Malromé est le relais de son histoire, et de l’avenir imaginé par les artistes contemporains.

時の流れの中のマルロメ
> 発見する

ル・シャトー・マルロメ

トゥールズ・ロートレック、
芸術の歴史…
そして人生という芸術

シャトー
> 発見する
ワインプロジェクト
> 発見する
アンリ・ド・トゥールズ・ロートレックの心
> 発見する

トピック

未来の芸術・文化交流センター

NICOLAS DELAS - Costumes

シャトーマルロメ:MAISON DES ILLUSTRESの仲間入り

トピック

未来の芸術・文化交流センター

NICOLAS DELAS - Costumes

シャトーマルロメ:MAISON DES ILLUSTRESの仲間入り

0103

シャトーマルロメでは、アンリ・ド・トゥールズ・ロートレックの世界やテーマと共通するテーマを持った芸術家を招待します。オープン記念展示会では日本の現代写真を代表する荒木経惟と森山大道の両氏の作品を展示することにしました。彼らは人間に対して優しい眼差しを向けるとともに、写真の中の人たちは謎に満ちています。このオープン記念展示会では、現代世界と、また現代日本という二つの視点を紹介し、その中に潜む共通点を提示します。

Discover Costumes, the exhibition of the costume artist Nicolas Delas.
From the white sheet to the projectors, from the studio to the stage, Nicolas Delas’ exhibition offers an immersion into the birth of costumes, whether for opera, ballet, theatre or cabaret.

This poetic and passionate exhibition is a true echo to the painter Henri de Toulouse-Lautrec who expressed, through his works, his liking for the artists of variety shows and his love of the stage, its lights and its mysteries.

From November 10th to December 23rd 2017. Free access.

2016年度、シャトーマルロメに対して、名誉のある« Maisons des Illustres »のタイトルが授与されました。« Maisons des Illustres »とは、過去の文化人や芸術家の思い出を残し、後世に伝える目的で、彼らが生きた場所に与えられるタイトルであり。このタイトルを受けるには、1年間に最低40日間見学者を受け入れ、実施する文化的プログラムの質を確保する必要があります。その質とは、展示する内容がオリジナルである事、その独創性、文化的催しの定期的開催、見学者の理解を助けるためのアシストなどがその要素となります。

展示会

NICOLAS DELAS - Costumes

10.11.2017 - 23.12.2017

荒木経惟 / 森山大道

01.07.2017 - 05.11.2017
全ての展示

Découvrez Costumes, l’exposition de l’artiste Nicolas Delas.

De la feuille blanche aux projecteurs, de l’atelier à la scène, l’exposition réalisée par Nicolas Delas vous propose une immersion dans la naissance des costumes, qu’ils soient destinés à l’opéra, au ballet, au théâtre ou encore au cabaret.

Cette exposition poétique et passionnée est un véritable écho au peintre Henri de Toulouse-Lautrec qui a livré au fil de ses oeuvres, son goût pour les gens du spectacle et son amour de la scène et de ses lumières comme de ses mystères.

興味深いことは、この展示会で紹介される荒木経惟氏と森山大道氏の写真のテーマがトゥールズ・ロートレックが描いた絵のテーマにオーバラップして見えることです。

荒木氏が撮る女性の内面的な写真は、あたかもアンリ・ド・トゥールズ・ロートレックが描いた感受性、洗練、そして深い人間性に溢れた作品の中の女性たちを見るようです。また、森山氏が撮影したタンゴのダンサーは、1899年のトゥールズ・ロートレックの作品 « Marcelle Lender dansant le boléro »(ボレロを踊るマルセル・レンダー)にあるショーのシーンと美的感覚を想起させます。

創造と分かち合いの場所

シャトーの東翼のワンフロア全体が芸術のために使用されています。この放置されていた350平米の広い屋根裏は芸術作品を保管し展示するための場所に改造されました。

入ってすぐの部屋には後援者からお借りしたアンリ・ド・トゥールズ・ロートレックの作品が展示され、大きなアトリエガラスで仕切られた中央の空間の後ろにある30メートルの長さの部屋は光溢れるギャラリーになっており、展示会の間、現代芸術が展示されます。

 

より詳しく知る

ル・シャトー・マルロメ

シャトーの歴史を超えたボルドーの一品